lpsite-banner_02.png

2022年4月1日​、アルコールチェックが義務化されました。

2022年4月1日より、飲酒運転撲滅を目指し道路交通法が改正され、安全運転管理事業所による

運転前後のアルコールチェックが義務化されました。

アルコールチェック管理サービス『スリーゼロ』は、アルコールチェック結果をクラウド上で一元管理するサービスです。紙の保管による作業時間の長期化や紛失リスクの回避のために、『スリーゼロ』を始めてみませんか?

検知器による記録は延期だが、義務化は始まっています。

※施行時期の変更について
    検討されています

・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、

 運転者の酒気帯びの有無を確認すること

・酒気帯びの有無について記録し、記録を一年間保存すること

2022年4月1日施行

・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて

 行うこと

・アルコール検知器を常時有効に保持すること

​2022年10月1日 延期 

2022年10月1日より開始予定だったアルコール検知器による確認は延期となりましたが、アルコールチェックの記録が義務化されていることには変わりありません。

必須8項目の記録と1年間の管理が求められますので、「スリーゼロ」で管理を楽にしませんか?

※必ず記録する8項目
①確認者名 ②運転者 ③運転者の業務に係る自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番号等 
④確認の日時 ⑤確認方法
⑥酒気帯びの有無 ⑦指示事項 ⑧その他必要な事項

​アルコールチェック管理サービス『スリーゼロ』とは…

「スリーゼロ」は、株式会社AIoTクラウドが提供するアルコールチェック管理サービスで、

アルコールチェック結果を、クラウド上で一元管理することが可能です。

101_edited.jpg
100 - コピー_edited.jpg

アルコールチェック結果を

クラウド上に登録

・検査状況をクラウド上で一元管理

・CSVファイルで検査結果出力

​・1年間のデータ保存

 

「スリーゼロ」を選ぶ4つの理由

いつでもどこでも
​検査が可能

スリーゼロは、スマートフォンやタブレットのアプリを使用してアルコールチェック結果をクラウドに集約します。直行直帰にも、事務所での据置共用タイプにも対応が可能です。

100 - コピー_edited.jpg
ei-cloud.png

⑤承認

③電話等で声色確認

101_edited.jpg

②結果を登録

​直行直帰の際の検査フロー

①アルコールチェック

④結果と声色を確認

OCR機能で様々な
アルコール検知器に対応

スリーゼロは、様々なアルコール検知器に対応しているため、​「検知器が不足しており、1つの種類に統一できない」といった​お悩みにも対応可能です。

22332110.png
​<対応検知器一覧一例>

2022年10月21日時点

○中央自動車株式会社

ソシアック SC-103/ソシアックSC-202/ソシアック・アルファーSC-402

ソシアック・アルファーネクストSC-403/ソシアック・ネオSC-502

○フィガロ技研株式会社

FALC-21/フーゴスマート Bt FALC-31

○株式会社タニタ

EA- 100/HC-211

○株式会社東洋マーク製作所

AC-016/AC-018

○株式会社アーテック

ATアルコールチェッカー

○MIクリエーションズ株式会社

MI-ALC-01

随時対応機種を更新中です。

​上記一覧にお手持ちの検知器がない場合も、

​アゴラ・ステーションまでお問い合わせください。

 

​操作が簡単

運転者はアプリを使ってチェック結果を管理者に報告します。

​操作は簡単なため、すぐに利用を開始することが可能です。

​コスト削減

​『スリーゼロ』を利用することで、紙の管理に比べてコストを削減することが可能です。また、記録の紛失も防ぎます。

​お客様のニーズに沿った料金プラン

​スリーゼロは、お客様のニーズに沿った3つのプランとライトコースをご用意しております。

各プランは月の利用日数に制限はなく、月の運転回数が多いお客様向けのプランとなっており、

各ライトコースは、月の利用日数が5日までと、毎月運転はするが、運転回数は多くないお客様向けのコースとなっております。

​各プランと各ライトコースは利用日数制限のみの違いで、機能に差はございません。

価格.png
 

​スリーゼロの願いは、「アルコールゼロ、検査漏れゼロ、飲酒事故ゼロ」です。

​スタンダードプランやプレミアムプランは、運転者のアルコールチェック検査漏れも防ぎます。

スタンダードプラン

​車両の予約システムを活用することで、予約した時間になってもアルコールチェックが未実施の車を一覧で確認できます。​また、メールにて管理者へ通知も届きます。

「予約時間になってもアルコールチェックの報告がない。」といったときも、運転者に知らせることで、チェック漏れを防ぎます。

管理画面.png
​予約時間になっても検査未実施の車の予約枠は、予約一覧上で赤くなり、
管理者へメール通知が届きます。
100 - コピー_edited.jpg
103.jpg
スマートフォンの無料アイコン.png

アルコールチェックが未実施です。

​乗車前に必ず実施してください。

プレミアムプラン

運転日誌と一緒に管理を行うことで、運転日誌に入力している時間になってもアルコールチェックを未実施の場合は、運転者側に通知することで、チェック漏れを防ぎます。

​運転日誌とアルコールチェック管理が一元化されるので、管理者側の負担も減らすことができます。

​お問い合わせフォーム

お問い合わせ

​「スリーゼロ」のお申込みや、サービス内容へのご質問は、こちらよりお問い合わせください。
問い合わせ内容
個人情報の取り扱いに同意の上、チェックしてください。

送信ありがとうございました

 

​導入事例

​ 「スリーゼロ」を導入されたお客様のお声をご紹介いたします。

​※提供元:株式会社AIoTクラウド

鹿児島イシダ株式会社 様
・道路交通法への対応をスムーズ&ローコストで実現

​・アルコールチェックが習慣化、飲酒への意識も向上

ダイチ工営株式会社 様
・出張・直行直帰時の遠隔アルコールチェックを実現

​・クラウド保存によりペーパーレス化と業務を効率化

​アルコールチェック管理サービス「スリーゼロ」は株式会社AIoTクラウドのサービスです。